不動産の賃貸管理をわかりやすく|賃貸管理システムをうまく活用

不動産経営の味方

貯金箱

新たなビジネスモデル

近年は資産運用の手段として、不動産経営をスタートする人が増えつつあります。株への投資より確実な利益が期待できると考える人が多いからでしょう。実際に不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンといわれており、投資した分に対しての利益率は悪くありません。ただし、不動産投資を成功させるためには、きちんと利益の出る不動産を手に入れる必要があります。気になる不動産を見つけた場合には、不動産の価格にのみ注目するのではなく、不動産の周辺環境などもチェックしましょう。入居者が獲得しやすい環境にある不動産であれば、空室リスクなどを減らすことができます。また、最近では空室となっている不動産を上手に運用するairbnbという運用スタイルの人気が高まっているので、一度確認してみるとよいかもしれません。

特性を知る

不動産運用の一手段として人気を集めつつあるairbnbとは、空室となっているマンションの1室といった不動産などを宿泊場所として提供するサービスのことです。サービスに登録した不動産の情報が民泊希望者に公開されます。そして、希望者から不動産所有者に連絡が入り、不動産を宿泊場所として貸し出すという流れになっています。このaiabnbサービスは全世界で展開しているため、海外からの宿泊希望者から連絡が入ることもあります。外国語に不慣れな場合には利用し難いと考えることもあるでしょう。しかし、最近ではこのairbnbの業務代行業者も登場しているので、利用してみるのも1つの手段です。airbnb業務代行業者は、宿泊希望者からの連絡をすべて代理で受け付けてくれます。すべてのやり取りを任せてしまえるので安心です。また、場合によっては不動産に設置してある家具家電の管理まで、代行してくれます。業務代行業者によって管理業務の範囲はまちまちなので、内容を確認してから契約するのが重要です。